【買取前に必読】手持ちのワインをより高く売る方法まとめ

【買取前に必読】手持ちのワインをより高く売る方法まとめ

手持ちのワインをより高く売るには

普段の生活で食事と一緒にワインを楽しむ方もいれば、誕生日や記念日など特別な日に楽しむ方もいますよね。
そんな自宅でも気軽に飲めるワインですが、買いすぎて持て余してるなんていうケースもあるはず。

そういう時は買取業者に売るという選択がおすすめなんですけど、どうせだったら高く売りたくないですか?
特に本当は売りたくないけど、泣く泣く手放すという方はできれば高くなってほしいという気持ちになりますよね。

僕もワイン好きなので、その気持ちはすごくわかります。
実は買取業者に売る際に、より高く売る方法があるんです。
これを事前に知っておけば、少しでも高く買い取ってもらえるかもしれません。
ここではそんな高く売る方法を詳しく紹介していきます。

①いくつかの業者に査定を出してみる

お酒を取り扱っている業者は数多くあり、自分で好きなところを選択することができます。
どの業者も買取の前に必ず査定を行っているので、まずは査定を依頼することから始めなくてはいけません。

基本的には査定後に納得できたら成立となり、もし納得できなかったらキャンセルできる業者が多いです。
そのため、いくつかの業者に査定を依頼することができます。
ただ、いくつも出すのは手間がかかりますし、一つの業者だけで済ましたいという気持ちもわかります。

しかし、それぞれ査定の仕方や基準も違うので、必ず同じ金額になるとは限りません。
どうしても買取額に差が出てくるので、いくつか査定を出してから決めてほしいですね。
手間はかかってしまいますが、いくつか依頼してみて、その中でも一番高く売れるところを選ぶのをおすすめします。

②クリーニングしてキレイな状態で査定に出す

ワインを売る時に特に気にしなくてはいけないのが、商品の状態です。
買取業者を利用したことがない人でも、「きっとキレイな方が高く売れるだろう」と思いますよね。

それは正しい考えです。
業者は買い取った後に再び売ることになるので、キレイな商品を求めています。
同じ商品でも、状態によっては買取額に差が出てくるので要注意です。

商品自体が汚れていれば、査定の際に減額対象になる可能性も高くなりますからね。
例えばですが、ずっと放置していてホコリがついているなら、必ずキレイに拭きとりましょう。

ただ、やりすぎてしまうとボトルを傷つけてしまうこともあるので気をつけてください。
隅々まで細かくチェックされるため、傷があると金額が下がる可能性があります。
できる限りキレイな状態にしておくことが大事ですが、やりすぎて逆効果にならないようにしましょう。
少しでも売る可能性があるなら、普段から保存に気を遣っておくことが大切ですね。

③キレイに見えるよう写真をとる

ワインを売る前にまずは状態を確認をしてもらうことになりますが、直接お店に行かなくてもネットで査定ができるのはご存知でしたか?
LINEなどを使って写真をお店側に送り、それを見て簡単な査定をしてもらえるんです。

その段階でどのくらいで売れるか教えてもらえるので、納得できれば売るという流れになります。
ネット査定をする場合はお店側は写真を見て判断するので、わかりやすいようにしっかりと写真をとらなくてはいけません。
そのために一番重要なのは、キレイに見えるようにとること。

まず、ワインの状態が相手にもわかるように、明るい場所でとるようにしましょう。
暗いところでは見えにくくなってしまうので、照明にも気を遣ってください。
それから、特に加工などはせずに、はっきりと写した状態で写真を送ることも大事です。
必要以上に加工してしまうと、本来の状態がわからず判断しにくくなりますからね。

④付属品がある場合は揃えて出す

状態が良い方がより高く売れるということを説明しましたが、商品自体だけではなく、付属品の有無も重要です。
ワインは木の箱や紙の箱に入った状態で売られていることもあるので、そのままの状態が維持されている方が高く売れやすくなります。

コレクターもたくさんいますし、できる限りキレイなものを買いたい人が多いですからね。
お店側もそれをわかっているので、付属品が揃っている場合はより高く買い取ってくれます。
購入した時点ではすぐに売るとは考えないと思いますが、いずれ売ることも考えて付属品はとっておいたほうが良いかもしれませんね。

まとめ

最後にワインを高く売る方法についてまとめていきます。

  • 買取額に差が出るので、複数の業者に査定してもらう
  • 査定に出す前にできる限りキレイにしておくことが大事
  • ネット査定の場合は、はっきりわかるようにキレイに写真をとる
  • 付属品があるならなるべく揃えて一緒に査定に出す

少しでも気を遣うことによって、買取額に影響が出る可能性があります。
せっかく売るなら高い方が良いと誰もが思うはずなので、今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。