【買取前に注意】こんなワインは減額対象・買取不可

【買取前に注意】こんなワインは減額対象・買取不可

こんなワインは買取で減額対象に

不要なワインを売ろうと考えている人も中にはいるでしょう。
少しでもお金になるのなら、捨ててしまうよりはずっと良いですからね。
売るとしたら高く売りたいと誰もが思うでしょうが、期待しているような金額にならない可能性もあります。

全てのワインが必ず高額で買い取りされるわけではないんですよね。
買取業者に査定してもらう際にしっかりと状態などをチェックされるんですが、中には減額になったり、買取不可になってしまうこともあるので要注意。
せっかく売るのに減額や買取不可なってしまうのは避けたいので、ここではどんなものが対象になってしまうのか紹介していきます。
これから買取業者に依頼しようと思っている人は、ぜひこちらを参考にしてください。

①液面が低下し中身が減っている

飲まずにそのままにしているワインを持っている人は、中身が減っていたなんて経験ありませんか?
僕も経験があるのですが、未開封のはずなのになぜだか減ってしまっていることがあるんですよね。

実は、それは液面が低下してしまっているということなんです。
ワインは年月が経つにつれて蒸発してしまい、中身が減ってしまいます。
「未開封なら蒸発しないのでは?」と疑問に思うかもしれませんが、たとえ未開封でも蒸発するということを覚えておいてください。
液面が低下していて中身が減っている場合は、やはり減額対象になりやすいですね。
中には買取不可の業者もあるので、一度確認してみることをおすすめします。

②開封されている

開封してしまっている場合は、さすがに売れないだろうと思ってしまいますよね。
確かに開封済みだと、査定に影響が出るのは間違いないでしょう。

しかし、必ず買取不可になってしまうというわけではありません。
中には開封してあっても買い取ってもらえる業者もあるので、査定依頼をする前に相談してみましょう。
開封してしまっている場合、どうしても未開封より味に変化が出てきてしまいます。
開封後の保存状態が悪いとなおさらです。
そのため、なかなかそのまま買取というのは難しいかもしれませんが、空ボトルとして買取してくれるところもあります。

特に人気の高いものや貴重なものは、高額で買取なんてこともあるんですよ。
ボトルとして売れる可能性もありますが、状態によっても金額に変化は出ます。
綺麗な状態を保つために、普段から保存には気を遣いましょう。

③ボトルの欠けやラベルの剥がれがひどい

たとえ未開封だったとしても、商品自体の状態が悪い場合は減額になる可能性が高いです。
例えば、ボトルが欠けていたり、ヒビが入っていたりすると査定に影響が出やすくなります。

それから、ラベルの剥がれがひどい場合も同じです。
お店によっても査定の基準が違うので、どのくらい影響があるのかははっきり言いきれません。

しかし、状態が悪ければ悪いほど、買取金額は下がっていくでしょう。
売れるかどうか自分で判断するのは難しいので、まずは業者に相談してみてください。
ボトルが欠けていたり、ラベルが剥がれてしまっている場合は直しようがありませんが、汚れは掃除することができます。
簡単に落ちるような汚れであれば、査定の前に綺麗にしておくと良いですね。