飲まないワインの活用法まとめ!自宅などでのワイン処分方法

飲まないワインの活用法まとめ!自宅などでのワイン処分方法

ワインの処分方法まとめ

ワインは自分で購入したり、人から貰ったりすることもありますよね。
好きな人だったら自分で飲んで消費できますが、ワイン自体が苦手な人も中にはいるはず。
そういう場合なかなか消費するのは難しいですし、処分するのも大変ですよね。

僕はワインが好きなのでよく購入するんですけど、衝動買いも多くて結局飲まないなんてことが結構あります。
ワイン好きな僕としてはそのまま処分するのは嫌なので、実は色々な方法でワインを消費してるんです。
自宅に飲まないワインがあって、どうしたら良いか困ってるという人もきっといると思います。

今回はそのようなお困りを解決できるように、ワインの処分方法についてまとめました。
今現在処分に困っているという人は、ぜひ参考にしてください。

料理酒にする

お酒が苦手で自分では飲むことができないという人もいると思いますが、そういう場合は料理酒として利用することをおすすめします。

例えば、お肉を調理する時にすごく活躍するのが赤ワイン。
一緒に煮込むことによってお肉が柔らかくなりますし、料理自体に深いコクが出るんですよね。
白ワインは白身魚や、貝などの魚介類を調理する時に活躍します。

魚介類特有の生臭さを消すことができるのと、ほどよい甘みと酸味、そして香りをつけることができます。
ワインを料理に使用することで、素材自体の良さを引き出せますし、グッと美味しさも増してワンランク上の味わいになるんです。

普段から料理をする方は、ワインを使っていつもとは違った味を楽しんでみてはいかがでしょうか。
料理をしていない方でも、ぜひ一度ワインを使った料理にチャレンジしてみてほしいですね。

ワインが好きな人にプレゼント

もし友人や知人など周りにワインが好きな人がいるなら、プレゼントするというのも一つの手です。
何も利用せずにただ処分してしまうのは勿体ないですからね。
ワインが好きな人は日頃から飲む機会が多いでしょうし、中には毎日家で飲むという人もいます。

そういう人とってワインをプレゼントしてもらうというのは、とても
嬉しいはずですよ。
実際僕も人から貰うのはすごく嬉しいです。

ただ、人それぞれ好みがあるので、あげるものには少し注意しましょう。
事前にどのようなものなのか説明して、納得してもらってからあげると良いかもしれません。
それから、商品の状態が悪すぎるのも失礼になってしまうので、あげる場合は状態をチェックしてからにしましょう。

一度買取業者に査定してもらうのがおすすめ

料理に使ったり、周りの人にプレゼントする方法を紹介しましたが、料理をしない人や周りにワイン好きがいない場合もありますよね。
そういう時は買取業者を利用するというのもアリです。

最近ではワインを買い取ってくれるお店がたくさんあるので、一度査定してもらうことをおすすめします。
現金化すれば日常生活で様々なことに使えますからね。
僕も買取業者をよく利用してるんですが、売ったお金でまた新しいワインを購入したりしています。

査定をしてもらってから売るかどうか決めることもできるので、買取価格に納得できなければ売らなくても大丈夫です。
ただ処分するよりもお金に変えられた方が良いでしょうし、ぜひ一度買取業者を利用してみてはいかがでしょうか。