あなたのお家にもあるかも?高額買取の可能性大のワインを紹介

あなたのお家にもあるかも?高額買取の可能性大のワインを紹介

高額買取が期待できるワイン

「ついついワインを買いすぎてしまった」
「知り合いの方から頂いたけど、お酒が苦手で飲めない」
「親が昔に買ったワインがそのまま放置されている」

など、飲まないワインが自宅にある理由は人それぞれですよね。
僕としては飲まないものをそのままにしておくよりも、売ってお金に変えることおすすめします。
しかも、不要な物を整理できるだけではなく、中には高額で買取してもらえる可能性もあるんですよね。
手付かずのワインが思わぬ価格で売れるかもしれないので、もし家に飲まないワインがあるなら買取を検討してみましょう。

こちらではどんなワインが高額買取される可能性があるのか、特徴なども含め詳しく紹介していきます。
ワインを売ろうと思ってるけど、いまいち詳しくないという方必見ですよ。

ブルゴーニュ

ワイン好きなら誰もが知っているであろう「ブルゴーニュ」。
フランスの東部に位置する、有名な生産地の一つです。
まずはこちらの特徴について説明していきますね。

ブルゴーニュの大きな特徴は、一種類のブドウで作られているということ。
ブドウの種類は数多くあるので、複数の品種を混ぜて作られているものも多いです。
しかし、ブルゴーニュでは赤ワインは「ピノ・ノワール」、白ワインは「シャルドネ」が主に使われています。

一種類のぶどうのみということもあり、土地や生産者の個性が強く出てくるんですよね。
様々な個性を楽しみたいという方には、ぴったりかもしれません。
ただ、一種類だけだと気候の変化などの影響を受けやすく、不作の心配があったり、毎年味に違いが出やすいですね。
そうは言ってもブルゴーニュワインは質が高いものが多いですし、世界中で愛されています。

引用:https://wsommelier.com/item/SET032101990001973.html

DRC ロマネ・コンティ

そんなブルゴーニュワインの中でも知名度が高く、世界で最も高価と言われているのが「DRC ロマネ・コンティ」です。
ワインについてあまり知識がなくても、高級だというイメージで知っている人も多いのではないでしょうか。

なぜ最も高価なものと言われているのかというと、生産量の少なさが理由の一つです。
順調な年でも平均6000本ほどしか作られておらず、希少価値がどんどん高まっています。
価格は100万円以上にもなっているので、気軽に手を出せるようなものではないですよね。
なかなかお目にかかれるものではありませんし、コレクターなど求めている人はたくさんいます。

そんな貴重なロマネ・コンティは、高額買取の可能性大です。
たとえ状態が少し悪かったとしても、希少価値の高さから高額になることは間違いありません。

DRC リシュブール

ロマネ・コンティと同じくらい有名なのが、「DRC リシュブール」。
リシュブールの畑は、ロマネ・コンティの畑の北側に位置しているのですが、面積は小さめです。

そのため、必然的に生産量が少なくなり、価値が高まっています。
特に高品質で評価の高いものになると、その価値はさらに上がりますね。

価格は20万円~のものもあり、高級な部類のワインです。
高級で気軽に飲めるようなものではありませんが、華やかな香りと深い味わいが多くの人を魅了しています。
貴重で人気も高いので、こちらも高額買取の可能性は高いですね。

グリオット・シャンベルタン クロード・デュガ

最後に紹介するのは、ロマネ・コンティを脅かす存在とも言われた、「グリオット・シャンベルタン クロード・デュガ」です。
こちらはあの有名な評論家ロバート・パーカー氏が、高い評価をつけています。
溢れる果実味と力強い味わいが特徴で、高品質でとても人気が高いです。

しかし、畑の面積が大きくないので、なんと生産量は毎年1、2樽ほど。
その生産量の少なさから希少価値が高まり、入手困難となっているのです。
なかなか手に入るものではないので、買取業者も高額で買取しています。
元々の価格はそこまで高くはありませんが、生産される数が少ないため価値が上がっているということですね。

ボルドー

ブルゴーニュと同じく、フランスの中でも代表的な産地として有名なのが、「ボルドー」です。
フランスの南西部に広がっていて、手軽に飲めるものから高級なものまで幅広く作られています。
特にボルドーでは、赤ワインが代表的ですね。

ブルゴーニュとは違って複数の種類のブドウを使用しているため、豊かな香りと複雑な味わいが特徴ですね。
さらに、繊細で華やかさを感じることもできるので、ボルドーは「女王」と言われています。
そんなボルドーワインの中でも、高額になりやすいワインを3つ紹介していきますね。

引用:https://www.enoteca.co.jp/bordeaux/index.html

シャトー・ラフィット・ロートシルト

まず一つ目が、「シャトー・ラフィット・ロートシルト」です。
こちらは、なんと第一級格付けの一つ。

辛口で知られる評論家のロバート・パーカー氏が、高評価をつけたとして知られています。
こちらは生産産量が少ない中で、一定のレベルに達したものだけがシャトー・ラフィット・ロートシルトとして出荷されるとのこと。
優雅な味わいと程よい酸味が特徴で、とても人気が高いです。

毎年ブドウの出来によって味が変わりますが、品質に変わりはなく、むしろその違いを楽しむことができます。
元々の価格は、そこまで高いというわけではありません。
しかし、人気が高く、価値も上がっているため、高価買取が期待できるというわけです。

シャトー・オー・ブリオン

そして二つ目が、「シャトー・オー・ブリオン」です。
こちらは、五大シャトーの一つとして知られています。

ワイン好きにとっては、一度は飲んでみたいと思うものですね。
有名な評論家から、世界で最もエレガントな味わいだと評価されるほど、高品質で味わい深い仕上がりになっています。
質の高さに魅了されるファンも多く、とても人気が高いです。

歴史の長いシャトー・オー・ブリオンは、年代によっても価格が異なります。
ただ、一級品であること、そして高い評価を得ていることから、高額買取の可能性は高いですね。

シャトー・マルゴー

最後に紹介するのは、「シャトー・マルゴー」。
こちらは世界での知名度が高く、日本でもとても有名です。

なめらかな口当たりと豊かな香りが特徴で、女性らしいエレガントな味わいとなっています。
世界中で愛されているほど人気が高いので、高値で取引されることが珍しくありません。
特にヴィンテージのものになると、高額で買取してもらいやすいです。